債務整理や財産の問題は弁護士に相談して解決させよう

女性

遺言状のあつかい

男性女性

遺品の中から遺言書が見つかった場合

遺言書を見つけた場合、すぐにでも中身をあらためてみたいと思うのが人情ですが、自筆証書遺言を相続人が勝手に開封してはいけないことになっています。どのようにすればよいのかわからない人が大半ですが、遺言書が見つかった場合は、司法書士や弁護士に相談してみるようにするのが一番です。自筆証書遺言は家庭裁判所で検認を受ける必要がありますが、司法書士や弁護士に相談すれば、相続人に代わって検認手続きを取ってもらうことができます。それほど高額の費用はかかりませんので、遺言書を見つけた場合は専門家に相談してみることをおすすめします。

これから遺言書の作成を考えているなら

一方、これから遺言書を作成したいと考えている場合にも、とりあえず専門家に相談してみることをおすすめします。たとえば、相続人の中にあまり素行の良くない人がいて、作成した遺言書を改ざんされてしまう心配があるような場合であれば、自筆証書遺言ではなく公正証書遺言にしておくのが望ましいです。公正証書遺言にしておけば、公証役場に半永久的に遺言書の写しが保管されることになりますので、不心得な相続人による遺言書の改ざんや破棄の心配がなくなります。また、家庭裁判所の検認手続きが不要になりますので、相続人に余計な負担をかけずに済ませられるようになります。とはいえ、どのようにすれば公正証書遺言を作成することができるのかわからないのが普通です。でも、専門家に相談すれば、本人に代わって公正証書遺言を作成する手続きを取ってもらうことができます。