債務整理や財産の問題は弁護士に相談して解決させよう

女性

国際取引で多いトラブル

男の人

移転価格とは、企業同士の間で行われる取引価格をいいます。例えば、日本のある企業が他国の子会社に商品を輸出する時に決める輸出価格がそれにあたるのです。一般的に考えれば、同じメーカー同士で取引をするので、価格は企業側で自由に決められるのではないかと考えます。しかし、国をまたいで商品を販売しますので、きちんとした対応をしなければならないのです。商品を他の国に販売を行なうという事は、その国の市場価格や税金などを踏まえて計算をしなければなりません。その為、企業が自由に輸出価格を決めてしまっては、利益にならない可能性も少なくありません。逆に、損をしていては企業側にとっても良く無いので、しっかりと移転価格税制を元に輸出金額を設定しなければならないのです。移転価格税制は世界でも日本が比較的に早く導入した制度で、1986年頃から行われているようです。この移転価格税制によって、企業とは全く関係のない第三者との取引をしたとしても、独立企業価格できちんと取引をしたとみなされて課税ができるようになりました。海外との取引を行なう場合は、とても複雑となっているので問題が発生しやすいのです。問題を発生させる事無く適切な取引価格で交渉ができると言えます。万が一、移転価格税制に関するトラブルが発生してしまったら、専門の税理士などに相談を行なうと良いでしょう。税理士を探すならインターネットなどを活用して調べると、より詳しく調べられます。