債務整理や財産の問題は弁護士に相談して解決させよう

メンズ

遺言の行き先

PCを操作する人

相続人が誰もいない状態で亡くなった場合、被相続人が所有していた財産は最終的に国の物になってしまうことになっています。もちろん、亡くなった直後に財産が国庫に入れられてしまうわけではなく、相続人の探索や特別縁故者の有無を確認する手続き等が取られる決まりになっています。しかし、そのような人が誰もいなかった場合には、遺産全部が国の物になります。国の物になってしまうくらいであれば、自分がお世話になった特定の団体などに寄付したいと考える人が少なくありません。もしも遺産の寄付を希望しているのであれば、弁護士に相談してみることをおすすめします。弁護士に相談すれば、寄付する意思を遺言書に書き残しておくようにアドバイスされることになります。その際に、弁護士に遺言執行者になってもらうことを依頼して、その旨を遺言書に書いておけば、確実に遺産を寄付することができるようになります。また、財産にはいいものばかりではなく債務などもあるためあらかじめ債務整理などを行なうことも重要です。債務整理に関しても相続の知識が豊富な弁護士に相談することで解決することが可能になるでしょう。

個人事務所を経営している弁護士に遺言執行者になってもらった場合、自分よりも先にその弁護士が亡くなることが絶対ないという保証はありません。そうなってしまうと、遺言執行者を頼む意味がなくなってしまいますので、悩んでしまう人が多いです。そのような人向けに、信託銀行が遺言執行サービスを提供するケースが増えてきました。信託銀行は不特定多数の人を対象にしてサービスを提供していますので、気軽に相談することができます。また、法人ですから、死亡による遺産執行者の消滅を心配する必要もありません。ですので、相続人が1人もおらず、遺産の寄付を希望しているような人は、信託銀行に相談してみることをおすすめします。

活用

相談

離婚というものは大変手間のかかるものです。又時によっては騒動のタネともなるものですから、しっかりと対策をしていかないといけないものです。そんな離婚ですが、何よりも思い立ったら離婚相談を弁護士にしてみるのがよいでしょう。

遺言状のあつかい

男性女性

亡くなった人の遺品を整理している最中に、荷物の中から遺言書が出てくるケースがよくあります。最近は終活セミナーが流行っているせいか、それほど多くの財産を持っていない人でも遺言書を作成しておくケースが増えてきました。

国際取引で多いトラブル

男の人

税金は世の中の需要や政治によって変わってくる場合があります。こうした税に関する問題が発生した場合には、専門の税理士などに相談することがベストと考えられるでしょう。